令和4年宅建試験第15問

この記事は約1分で読めます。

令和4年宅建試験第15問

都市計画法に関する次の記述について、それぞれの正誤を答えよ。

改造版

1.市街化区域については,都市計画に,少なくとも用途地域を定めるものとされている。

2.準都市計画区域については,都市計画に,特別用途地区を定めることができる。

3.高度地区については,都市計画に,建築物の容積率の最高限度又は最低限度を定めるものとされている。

4.工業地域は,主として工業の利便を増進するため定める地域とされている。

下の送信ボタンを押して回答を送信!ラジオネームやコメントも入力できます!

ラジオネーム・コメント(任意)

たくだんにお便りする ポッドキャストで紹介します