令和4年宅建試験第6問

この記事は約1分で読めます。

令和4年宅建試験第6問

Aを貸主、Bを借主として、A所有の甲土地につき、資材置場とする目的で期間を2年として、AB間で、①賃貸借契約を締結した場合と、②使用貸借契約を締結した場合に関する次の記述について、民法の規定に従い、それぞれの正誤を答えよ。
改造版

1.貸主は、甲土地を借主に引き渡す前であれば、賃貸借契約を締結した場合では口頭での契約の場合に限り自由に解除できるのに対し、使用貸借契約を締結した場合では書面で契約を締結している場合も自由に解除できる。

2.借主は、賃貸借契約を締結した場合では貸主の承諾がなければ甲土地を適法に転貸することはできないが、使用貸借契約を締結した場合では貸主の承諾がなくても甲土地を適法に転貸することができる。

3.借主は、賃貸借契約を締結した場合では期間内に解約する権利を留保しているときには期間内に解約の申入れをし解約することができ、使用貸借契約を締結した場合では期間内に解除する権利を留保していなくてもいつでも解除することができる。

4.甲土地について契約の本旨に反する借主の使用によって生じた損害がある場合に、貸主が損害賠償を請求するときは、賃貸借契約を締結した場合では甲土地の返還を受けた時から5年以内に請求しなければならないのに対し、使用貸借契約を締結した場合では甲土地の返還を受けた時から1年以内に請求しなければならない。

下の送信ボタンを押して回答を送信!ラジオネームやコメントも入力できます!

ラジオネーム・コメント(任意)

たくだんにお便りする ポッドキャストで紹介します