令和5年宅建試験第49問

この記事は約1分で読めます。

令和5年宅建試験第49問

土地に関する次の記述について、それぞれの正誤を答えよ。
改造版

1.自然堤防の後背湿地側の縁は、砂が緩く堆積していて、地下水位も浅いため、地震時に液状化被害が生じやすい地盤である。

2.谷底低地に軟弱層が厚く堆積している所では、地震動が凝縮されて、震動が小さくなる。

3.1923年の関東地震の際には、東京の谷底低地で多くの水道管や建物が被害を受けた。

4.大都市の近郊の丘陵地では、丘を削り谷部に盛土し造成宅地が造られたが、盛土造成に際しては、地下水位を下げるため排水施設を設け、締め固める等の必要がある。

下の送信ボタンを押して回答を送信!ラジオネームやコメントも入力できます!

ラジオネーム・コメント(任意)