【116】①積水ハウス地面師詐欺事件 ②組織はこうして腐っていく

ポッドキャストEP
この記事は約2分で読めます。
宅建・不動産のコラム的ラジオ【たくだん】
宅建・不動産のコラム的ラジオ【たくだん】
【116】①積水ハウス地面師詐欺事件 ②組織はこうして腐っていく
/

00’41” 本編:積水ハウス地面師詐欺事件

01’05” Wikipedia 積水ハウス地面師詐欺事件

事件の舞台は、東京都品川区の山手線五反田駅から徒歩3分の立地にある旅館「海喜館」。不動産業界ではかねて注目の案件だった。積水ハウスは所有者を名乗る女と、約600坪の旅館敷地を70億円で購入する売買契約を締結。6月1日に売買の窓口となった「IKUTA HOLDINGS株式会社」(千代田区永田町)に所有権移転の仮登記、さらに同日、積水ハウスに移転請求権の仮登記がなされ、同日、売買代金70億円のうち63億円を支払い、直ちに所有権移転登記を申請した。 しかし、売買は成立しなかった。

Wikipedia

13’30” 海喜館に宿泊のブログ

今夜は、夢にまで見た五反田の旅館「海喜館」へ泊まるのです。ぐふふー。

この宿は、先日前を通って(「4月3週」参照)、そのあまりのすごさに、
「ぜひとも泊まりたいんですが!」と何度も電話でアプローチしていたところ。
しかし「研修でいっぱい」「とにかくいっぱい」「(ふたりなら)ご夫婦ですか」
「どなたかのご紹介ですか」と、とにかくガードが固い。
ネットでもほとんど情報が落ちてないし、「??」と思っていたが、
先日やっと予約がとれ、意気揚々と出かけて参りました。

ブログ

39’20” オマケ:保身

不祥事はいかにして起こるのか。その時、現場の担当者は何を考え、経営者はどう振る舞うものなのか。そんな日本の大組織の生態を赤裸々に映し出した「積水ハウスの地面師事件裁判」が、大阪地裁で大詰めを迎えようとしている。事件を題材とした『保身 積水ハウス、クーデターの深層』の著者が、裁判の模様を詳報する。

ゲンダイ

64’30” エンディング

なかしまみゆきさんから頂いたお便りを紹介しました。

収録日2022年5月3日

たくだんにお便りする ポッドキャストで紹介します