【061】①日本と世界の引越し事情 ②正しい太鼓の持ち方

ポッドキャストEP
この記事は約2分で読めます。
宅建・不動産のコラムラジオ【たくだん】
宅建・不動産のコラムラジオ【たくだん】
【061】①日本と世界の引越し事情 ②正しい太鼓の持ち方
/

日本で引越し専門のサービスが登場したのは1970年代の第一次オイルショックがきっかけでした。不況下でトラック運送事業者が開拓形成しました。不動産と引越しは切っても切れない関係だと言えます。

宅地建物や不動産等にまつわるポッドキャスト番組たくだん第61回エピソードです。

本編:日本と世界の引越し事情

日本の引越しの歴史

江戸時代の引越しは手軽でした。引越してきたときに古道具屋で調達して、出ていくときには売り払うことが多かったようです。

引越し業界

引越し業は特別な法的規制は存在せず、トラックと人材、ある程度のノウハウがあれば比較的自由に開業可能な事業です。近年は有力企業への寡占化が強まっています。

「あ」ではじまる名前の引越し業者が多い

電話帳で上に掲載してもらい、目立つように引越し業者には「あ」ではじまる名前が多いとされています。

オマケ:正しい太鼓の持ち方

出世するには上司へのへつらいが欠かせません。正しく太鼓を持つ必要があるようです。

おわり

HPにお越しいただきありがとうございました。

ただのいいねボタンのプッシュ、皆様からのお便りをお待ちしています。

収録日:2021年7月11日

たくだんにお便りする ポッドキャストで紹介します