【196】①コロナ禍のドサクサで不動産契約電子化を進めるんじゃない!俺はパーソナルコンピューターを使ったことが無いんだ! 令和5年宅建試験 第26問 37条書面 ②『ワンチャン』という言葉が気に入らないと思っていたが実は自分が間違っていた件

宅建試験2023年
この記事は約2分で読めます。

たくだんのおさらい 問題に挑戦 解説付き

令和5年宅建試験第26問

宅地建物取引業法第37条の規定により交付すべき書面に記載すべき事項を電磁的方法により提供すること(以下この問において「37条書面の電磁的方法による提供」という。)に関する次の記述について、それぞれの正誤を答えよ。

改造版

1.宅地建物取引業者が自ら売主として締結する売買契約において、当該契約の相手方から宅地建物取引業法施行令第3条の4第1項に規定する承諾を得なければ、37条書面の電磁的方法による提供をすることができない。

2.宅地建物取引業者が媒介業者として関与する売買契約について、宅地建物取引業法施行令第3条の4第1項に規定する承諾を取得するための通知の中に宅地建物取引士を明示しておけば、37条書面の電磁的方法による提供において提供に係る宅地建物取引士を明示する必要はない。

3.宅地建物取引業者が自ら売主として締結する売買契約において、37条書面の電磁的方法による提供を行う場合、当該提供されたファイルへの記録を取引の相手方が出力することにより書面を作成できるものでなければならない。

4.宅地建物取引業者が媒介業者として関与する建物賃貸借契約について、37条書面の電磁的方法による提供を行う場合、当該提供するファイルに記録された記載事項について、改変が行われていないかどうかを確認することができる措置を講じなければならない。

下の送信ボタンを押して回答を送信!ラジオネームやコメントも入力できます!

ラジオネーム・コメント(任意)

本編:令和5年宅建試験第26問

02’10″ 問題文

02’50″ 選択肢1

09’00″ 選択肢2

11’40″ 選択肢3

13’50″ 選択肢4

36’05″ オマケ

47’00″ エンディング

氷結ポテチさんからのお便りを紹介しました。

収録日:2023年11月1日

たくだんにお便りする ポッドキャストで紹介します