【197】①中古住宅の人気が無い?国土交通省が最強の対応策を考えてくれたぞ 令和5年宅建試験第27問 建物状況調査 ②ミルグラム実験で君の中のアイヒマンを呼び起こす

宅建試験2023年
この記事は約2分で読めます。

たくだんのおさらい 問題に挑戦

令和5年宅建試験第27問

宅地建物取引業法第34条の2第1項第4号に規定する建物状況調査(以下この問において「建物状況調査」という。)に関する次の記述について、それぞれの正誤を答えよ。

改造版

1.建物状況調査とは、建物の構造耐力上主要な部分又は雨水の浸入を防止する部分として国土交通省令で定めるものの状況の調査であって、経年変化その他の建物に生じる事象に関する知識及び能力を有する者として国土交通省令で定める者が実施するものをいう。

2.宅地建物取引業者が建物状況調査を実施する者のあっせんを行う場合、建物状況調査を実施する者は建築士法第2条第1項に規定する建築士であって国土交通大臣が定める講習を修了した者でなければならない。

3.既存住宅の売買の媒介を行う宅地建物取引業者が売主に対して建物状況調査を実施する者のあっせんを行った場合、宅地建物取引業者は売主から報酬とは別にあっせんに係る料金を受領することはできない。

4.既存住宅の貸借の媒介を行う宅地建物取引業者は、宅地建物取引業法第37条の規定により交付すべき書面に建物の構造耐力上主要な部分等の状況について当事者の双方が確認した事項を記載しなければならない。

下の送信ボタンを押して回答を送信!ラジオネームやコメントも入力できます!

ラジオネーム・コメント(任意)

本編:令和5年宅建試験第27問

00’55″ 問題文

01’15″ 選択肢1

16’45″ 選択肢2

17’35″ 選択肢3

(報酬)
第四十六条 宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買、交換又は貸借の代理又は媒介に関して受けることのできる報酬の額は、国土交通大臣の定めるところによる。
2 宅地建物取引業者は、前項の額をこえて報酬を受けてはならない。
3 国土交通大臣は、第一項の報酬の額を定めたときは、これを告示しなければならない。
4 宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、公衆の見やすい場所に、第一項の規定により国土交通大臣が定めた報酬の額を掲示しなければならない。

宅建業法

建物状況調査を実施する者のあっせんは、媒介業務の一環であるため、宅地建
物取引業者は、依頼者に対し建物状況調査を実施する者をあっせんした場合におい
て、報酬とは別にあっせんに係る料金を受領することはできない。

宅建業法の解釈運用の考え方

19’50″ 選択肢4

2019年9月に国土交通省がおこなった調査によると、媒介契約後にインスペクションのあっせん希望があった割合は以下の結果でした。

・売主からあっせん希望があった割合は5.95%
・買主からあっせん希望があった割合は0.57%
・実際に調査をおこなった割合は5.88%

不動産のミカタ

25’55″ オマケ

created by Rinker
¥1,430(2024/02/29 11:16:14時点 楽天市場調べ-詳細)

49’05″ エンディング

のべゆかさんからのお便りを紹介しました。

収録日:2023年11月9日

たくだんにお便りする ポッドキャストで紹介します

  1. 57宅建 より:

    こんにちは。
    第154回のおまけ
    「②メルカリの商品説明欄は付加価値創造の場だったんですね」

    で、メルカリのコメント欄に書いたお便りを読んでいただいた者です。
    57歳で宅建をとったという所に木村さんが妙に感心して下さったので、たくだんLINEでは57宅建というハンドル名でひっそりと参加させて頂いております。

    その後、Podcastに専念する為にAudibleを一旦解約し、第0回から1.5倍速で全話制覇した後、あまりの面白さと宅建知識の追い焚きを兼ねて2周目を等倍速でじっくり拝聴させて頂いている所でございます。

    全編聞いてしみじみ思うのは、石原さんの思考が私と非常に似ていて、「貴方は私!?」と思うことが多々あったという事です。

    ・スマホは当然格安SIM
    ・コンビニは高いので極力使わない
    ・マクドナルドのアプリクーポンを使いこなしている
    ・かつて、CDディスクマンに心ときめいた
    ・仕事用PCはamazonの整備済みPC
    ・MS Officeはヤフーショッピングの激安ボリュームライセンス
    ・プリンターのインクは当然互換品
    ・BuffaloのHDDコピーマシンを持っている
    ・ガソリンスタンドは絶対セルフ
    ・コンビニ店員や回転寿司店員に対して妙に気を使ってしまう
    ・シュミレーションという表記が許せない
    ・サラリーマン時代出張は利権だと自覚してたのでダルそうにして行ってた

    等々、、、枚挙にいとまがありません。

    この秋に不動産会社を起業し、申請していた宅建業免許の審査が完了し供託金ほか初期費用約111万円を振り込んだ所で、早ければ年内に開業できる見込み…でしたが、この期に及んで差し戻しや追加書類の提出を求められ、開業は2024年に入ってからとなりそうです。

    まだまだひよっ子の不動産屋ですが、たくだんを通して知る様々な豆知識を糧に、スタートダッシュしていきたい所存です。

    これからのたくだんにも大いに期待しております。
    頑張ってください。