【110】①建築基準法に深入りしないのも宅建受験テクニック 宅建試験第18問肢3肢4 ②最強のスマホプランが決定した

ポッドキャストEP
この記事は約3分で読めます。
宅建・不動産のコラム的ラジオ【たくだん】
宅建・不動産のコラム的ラジオ【たくだん】
【110】①建築基準法に深入りしないのも宅建受験テクニック 宅建試験第18問肢3肢4 ②最強のスマホプランが決定した
/

宅地建物や不動産等にまつわるポッドキャスト番組たくだん第110回エピソードです。

00’41” 本編 宅建試験第18問 選択肢3・4

02’35” 居住環境用途誘導地区

おそらくは、『コンパクトシティの形成に必要不可欠な居住の誘導を図る居住誘導区域に限定した用途の緩和を行うことができるようにしたよ!市町村さん』って感じなのかなと思います。

ヤマケンブログ

8’15” 選択肢3

居住環境向上用途誘導地区内においては、公益上必要な一定の建築物を除き、建築物の建蔽率は、居住環境向上用途誘導地区に関する都市計画において建築物の建蔽率の最高限度が定められたときは、当該最高限度以下でなければならない。

答え:正しい

宅建試験 2021年(10月)第18問 選択肢3

12’50” 建築基準法第51条但し書き

産業廃棄物処理施設等は、建築基準法第51条の規定に基づく「その他政令で定める処理施設」にあたり、新築及び増築するにあたっては都市計画審議会を経て、都市計画上支障がないと認められ、許可を得た場合は、建築可能となります。

橋本行政書士事務所

16’30” 選択肢4

都市計画区域内のごみ焼却場の用途に供する建築物について、特定行政庁が建築基準法第51条に規定する都市計画審議会の議を経てその敷地の位置が都市計画上支障がないと認めて許可した場合においては、都市計画においてその敷地の位置が決定しているものでなくても、新築することができる。

答え:正しい

宅建試験 2021年(10月)第18問 選択肢4

19’10” オマケ:最強のスマホプランが決定した

最強の通信業者・プランを勝手に決定してしまった。

デュアルSIM端末のiPhoneを前提で話を進める。筆者の使用端末はiPhone12miniだ。

結論としては、通話用に楽天モバイル(eSIM)+通信用にmineoシングルタイプ1GB(物理SIM)+パケットし放題プラス適用だ。

いしはらブログ

30’30” 端末と通信契約の法規制

制度整備案としては、まず端末の値引きやキャッシュバック、ポイントなどあらゆる形態の「利益の提供」に対して一律の基準で制限する。2年契約を条件とするなどの「通信役務の“継続”利用」を条件とする利益の提供は全面禁止、契約期間の条件を課さない「通信役務の利用」を条件とする割引であれば、2万円(税別、以下同)まで可能とする方針。

ケータイウォッチ

34’00” エンディング

ペンタさんに頂いたお便りを紹介しました。

HPにお越しいただきありがとうございました。

ただのいいねボタンのプッシュ、皆様からのお便りをお待ちしています。

収録日:2022年3月18日

たくだんにお便りする ポッドキャストで紹介します